脊柱管狭窄症

耳の違和感、
そして、
脊柱管狭窄症 による足腰の痛みでSさんが初診でお見えになりました。

耳は、
高い山に登ったときに気圧変化で起きるような耳の違和感と、
音が聞こえにくくなる症状がランダムに起きるとのこと。
検査の結果は、異常なし。

足の痛みは、
2ヶ所の病院でMRIにより脊柱管狭窄と診断されたそうです。


立ってもらうと、その姿勢は、
上半身が右に反っており(左足が痛むので、その回避姿勢?)、
歩いてもらうと、
まっすぐには歩けず、右へ右へと逸れてしまいます。


とても敏感な方のようなので、
立ったままで、頭に手を当ててQE的に全身を調整してみました。

そうしたら、

立った姿勢が、ほぼ真っすぐになってもらえました。
歩いていただくと、
まっすぐに歩いておられます!

足の痛みも楽になり、
耳の方もなんだかスッキリ!と仰っていました。


頭部への手当てだけで、
全身の気の流れが一気に良くなったんですね。

その後、
頸椎や頭蓋骨も調整しましたが、『触れられるたびに、ものすごく気持ちいい!』と仰っていました。


もちろん、
良い状態が定着するにはある程度調整を繰り返す必要はあると思います。



いつもありがとうございます。<(_ _)>


-
[PR]
by m_holistic | 2017-03-17 14:08 | 治療

 日々の出来事で印象に残った事をたまに記します。(日記or備忘録です!)            時には少しでも皆様のお役に立てる様な内容にしたいと考えています。よろしくお願いします。


by m_holistic